【ポケモン】テッカグヤの採用で完成した俺のパーティ【ランクバトルシリーズ10】

 

どもー!ポケモン大好きグリズリー工藤です

2021年8月~10月までの3ヶ月間のルール(シリーズ10)は禁止伝説ポケモン1匹使用可能&ダイマックス禁止という特殊なルールでした

とにかくひたすらプレイして構築を試し続けて参りましたが、ようやく満足のいく構築になりましたので、こちらの紹介です

構築記事とまでしっかりした物ではないので、その点はご容赦ください

 

8月から始めた色違い白統一パーティから少しずつ変更した組み合わせとなっております

関連記事

 どもー!グリズリー工藤ですポケモンバトルの楽しみ方の一つに統一パーティってのがあります今回は自分の作った色違い白統一パーティを紹介します ちなみに今回はランクバトルシリー[…]

 

ランクバトルシリーズ10のコンセプト

8月から引き続きにはなってますが、ジガルデのエース構築を主軸としております

ジガルデを生かすためにはどうしたらよいか?

こちらをひたすらランクバトルに潜って模索した結果になっており、取り巻きのポケモンたちはすべてジガルデを生かすか、弱い所を補うようになっております

ランクバトルシリーズ10のパーティ構成

ジガルデ(ようきAS、たべのこし)

HP108
攻撃100
防御121
特攻81
特防95
素早さ95
公式サイトより引用
HP216
攻撃100
防御121
特攻91
特防95
素早さ85
サウザンアロー
ワイドブレイカー
りゅうのまい
みがわり

以前も紹介した、今回のパーティの根幹になる積みアタッカーです

有利対面からのりゅうのまいを積み、ひこうタイプやふゆうのポケモンにも有効なじめん技のサウザンアローで飛行で受ける事も許しません

また、環境TOPのザシアンもワンパンする事が可能です(Hに振ってない場合)

詳しくは以前紹介したジガルデの育成論をご確認ください

関連記事

ジガルデとはポケモン第6世代から登場した伝説のポケモン通常時は10%と50%の2種類のフォルムを持ち、HPが半分以下になると特性のスワームチェンジによりパーフェクトフォルムに変化するパーフェクトフォルムはHPが非常に[…]

アマルルガ(おくびょうCS、きあいのタスキ)

HP123
攻撃77
防御72
特攻99
特防92
素早さ58
オーロラベール
フリーズドライ
くろいきり
ミラーコート

世にも奇妙な努力値調整をしたCSぶっぱアマルルガです

メインはタスキで確実にオーロラベールを張り、ジガルデをサポートします

最速になっているので、Sに振ってない中速ポケモンなら上からフリーズドライも可能

特にラグラージ対面でワンパン出来るので、ラグラージを見たら初手アマルルガが安定です

タスキミラーコートも出来るので、カイオーガ対面では相手のしおふきを誘い倒します

アマルルガのタスキミラーコートはほぼよまれないので、カイオーガ対面で9割は成功します

関連記事

 以前構築と色違い自慢をした記事の後日談です[sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.diet-grizzlykudo.com/4862 target=]&nb[…]

オーロンゲ(しんちょうHD、こうこうのしっぽ)

HP95
攻撃120
防御65
特攻95
特防75
素早さ60
ソウルクラッシュ
トリック
ちょうはつ
リフレクター

役割は大きく分けて4つ

・アマルルガ同様でリフレクターを貼り壁を作る

・ちょうはつによって環境を作るポケモンを妨害する

・こうこうのしっぽトリックで素早さを奪う

・ソウルクラッシュからのCダウン

どんな対面でも腐る事が少ないので、サポートとして非常に活躍します

アタッカーとしての活躍は非常に稀ですが、耐久振りのレヒレやイベルタルにタイマンで勝ちます

フェローチェ(むじゃきAS、いのちのたま)

HP71
攻撃137
防御37
特攻137
特防37
素早さ151
インファイト
どくづき
じごくづき
れいとうビーム

エース構築ではなく対面構築っぽくなりますが、パーティのサブアタッカーです

対面性能に優れており、技範囲を広くした事によって引き先すら倒せます

メインのインファイト、レヒレ用のどくづき、黒バド用のじごくづき

命中不安とゴツメ対策で、あえてトリプルアクセルではなくれいとうビーム採用

Cの努力値を振ってなくてもかなりの威力を発揮します

HBゴツメランドロスに対策になってます

ソーナンス(わんぱくHB、イバンのみ)

HP190
攻撃33
防御58
特攻33
特防58
素早さ33
カウンター
ミラーコート
アンコール
みちづれ

後だしからでも1匹、または2匹を葬るHBぶっぱソーナンス

ジガルデの苦手なヒヒダルマ、マンムーらへんに後出ししてカウンターで処理します

1/4で耐えてからイバン発動からのみちづれも強力です

積み技を読んでアンコールを決める事が出来れば、後続の起点作りも可能

どれも高度な読みが必要なので、まだまだ使い込んでいきたいです

関連記事

 10月のランクバトルスタート!と言う事で、今月もマスボ級、そして最終4桁台を目指していきます!初日はずっと温めてた新しいポケモンの育成2日目でハイパーボール級到達(ランク9→ランク10)そ[…]

テッカグヤ(れいせいCB、ゴツゴツメット)

HP97
攻撃101
防御103
特攻107
特防101
素早さ61
ヘビーボンバー
ギガドレイン
かえんほうしゃ
やどりぎのたね

採用して間もないですが、このパーティの苦手をすべて克服したポケモン

テッカグヤの弱点もほのお、でんきになるので、ジガルデとの相性が完璧になってます

 

てんねんヌオー、レヒレを倒すためのギガドレイン

相手の引きを読んで、後続に圧をかけるやどりぎのたね

かえんほうしゃ採用で、ナットレイにも強く出る事が出来ます

特殊型なのに物理技のヘビーボンバーは特殊受け対策とラッキー、ピクシーなどのちいさくなる対策です

ちいさくなるで回避率を上げたポケモンには必中&威力2倍となるので、特殊と見せかけて採用が強くでます

ヌオー、ナットレイ、レヒレ、ちいさくなるが非常に苦手だったので、この子採用で絶対勝てないパーティはなくなりました

 

また、ゴツゴツメット採用でザシアンにもダメージを与えられ、後続のフェローチェのインファイト圏内にする事も出来ます

 

ジガルデ軸パーティの立ち回り

こっちのやりたい事を無理やり通すジガルデのエース選出が一番の理想ですが、どうしても苦手な対面が多くあるので、サイクル戦も視野にいれています

初手はオーロンゲ、アマルルガ、ソーナンスが多く、有利対面を作ってからジガルデを通すか、ジガルデ、ソーナンス、テッカグヤでサイクルを回しながら削るかを相手の選出を読みながら決めます

ここの読みが決まれば非常に有利に進められますが、まだまだ難しいですね

ランクバトル現在の勝率

約300戦行っており、140勝160敗(46%)となっております

チームが完成して徐々に勝率は上がってきているので、10月中に50%を超えられるように頑張ります

 

それでは今夜も頑張るぞ

アデュー(*’▽’)ノシ