【ランクバトル】マイナーポケモンで勝つ事に固執していた私が、環境上位のポケモンを使ってみようと思う【剣盾】

どもー!ポケモン大好きおじさん事、グリズリー工藤です
2019年11月に発売開始されたポケモン剣盾(ソード&シールド)を今でも毎日のようにプレイしている私ですが、ここに来て環境上位のいわゆる”厨ポケ”を使ってみる事にしました
元々、マイナーポケモンや環境でそこまで多く使われてないポケモンを中心に勝ちたいって気持ちで、構築を考えたんですが、ポケモンを深く理解するには敵を知る必要があるのでは?と思いました
実際長く使ってるパーティは、有利不利なシチュエーションや後続へのサポートなどを立ち回りを知り尽くしており、多分誰よりも上手に使う事が出来ます
逆に考えれば、環境上位の強いポケモンたちを使うことで、そいつらへの弱点、突破口が開けるのではないか?
そう思い、今一度環境の調査を行ってみました
 
ちなみに最近のパーティ紹介はこちらです(禁止伝説一匹有りのシーズン17)
 

現在のランクバトルの環境上位ポケモンたち

 
ポケモン剣盾ランクバトルで暴れてるポケモン、すなわち
現在一番強いポケモンになります
上から使われている数が多いポケモンになり、この10匹だけで構成されてるパーティのざらにいますw
そしてめちゃくちゃ強いです
 
ポケモンHOME使用率ランキング 5/17時点

1位 サンダー


初代準伝説のサンダーが一番強いってすごいですよね
しかも今月から強いのではなく、剣盾に実装された去年からずっと最強ですw
実際戦ってみるとわかるんですが、まじで突破出来ないんですよ
簡単に言うと
速い、強い、硬い、回復、相手の特攻を下げる
1番典型なのはタイプ一致の強力なダイジェットで攻撃&素早さを上げ、ダイマックスの3ターン後ははねやすめで回復して受ける型
かいでんぱで特攻を下げてから受ける型も存在します
攻守共に非常に強力なポケモンです
 

2位 エースバーン


去年夢特性のリベロ解禁から暴れまくってるポケモン
剣盾御三家で可愛いヒバニーだったのに、今では多くの人から憎まれております(私も大嫌いですw)
リベロは技を放つ前に自分のタイプを技と同じにする特性で、簡単に言うと、すべての技はタイプ一致で打てる
攻めはもちろん、この特性操作により弱点を変える事が可能
スピードも早く、初手ダイジェットから前抜き
キョダイマックスエースバーンなら、キョダイカキュウが使え、相手の特性を無視して攻撃可能です(ミミッキュをワンパンします)

3位 ミミッキュ


特性化けの皮により一撃を耐える事が可能です
その空きに攻撃を上げ、ダイマックスから敵をなぎ倒したり、強力なかげうち、じゃれつくなどを放つ事が出来ます
ゴースト、フェアリーの単純なアタッカー型
ウッドハンマー、ドレインパンチなどの意表を付くアタッカー型
のろい、いたみわけ、トリックなどのサポート型
などなど、非常に多くの型が選べてどれも協力なのも魅力です
(私はのろい型を愛用してます)

4位 ポリゴン2


ポリゴン→ポリゴン2→ポリゴンZと三段階の進化をするのに真ん中が一番強いです
しんかのきせきという道具をもたせる事によって防御、特防が1.5倍になり、要塞と化します
あなた予想している2倍ぐらいはダメージはいません
しんかのきせきはぶっ壊れアイテムですね
数回受けてからじこさいせいで回復出来るので、並大抵の技では倒せません
特性のダウンロードで特攻が上がれば、アタッカーとしても優秀

5位 カプ・レヒレ


特殊受け、物理受けにも使えるポケモン
後出しから出しても安心感のある数少ないポケモンで、現在の環境にはものすごく刺さってるポケモンです
めいそうからの積み、ミストメイカーにより異常にならず、対策を怠ると積む代名詞のようなポケモンです
主にゴツゴツメットを持っている事が多く、環境に多いウーラオスに後出して相手の拳を血で染めますw
ウーラオス対策以外にもスカーフ奇襲兼、トリック型、しぜんのいかり、くさむすび、れいとうビームなどを採用する型などもまれに見られます

6位 ランドロス


唯一の飛行じめん複合ポケモン、地面、電気を無効に出来、カプ・レヒレやドヒドイデの弱点をカバー出来るので相性保管が完璧です
攻撃もかなり高い方なので、つるぎのまいからのダイジェットで全抜きを目指す事が出来ます
じめん、飛行、岩の技を覚えている事が多く、サンダーにもある程度強く出る事が出来ます
サンダーの電気技を読んで後出しからのダイロックでカウンターも狙えます
特性のいかくが優秀で、物理アタッカーを攻撃力を落とす事が可能なので、物理受けとしても優秀です
 

7位 ウーラオス(いちげき)


いちげきの型は格闘・あくの複合タイプ
技が必ず急所に当たる、あんこくきょうだはタイプ一致もあり、防御が高かったり、相性が悪い場合以外はかなりのダメージを受けます
特性のふかしのこぶしは相手のまもるを無視する事が出来ます
タイプ一致のインファイト
先制技のふいうち
サブウエポンのれいとうパンチ、かみなりパンチ、ほのおのパンチ
きあいのタスキをもたせてカウンター
こだわりスカーフ型、こだわりハチマキ型など、型の豊富さも優秀です
また、素早さがミミッキュより1速いのも優秀です
 

8位 ウーラオス(れんげき)


れんげきの型は、格闘・水の複合タイプ
基本は一撃と同じ技を覚え、違いは下記の2つ
あんこくきょうだ→すいりゅうれんだ
必ず急所&3回当たる水技できあいのタスキを貫通する事が出来ます
ふいうち→アクアジェット
必ず先制出来る水技
パーティバランスを考えてどちらかのウーラオスを入れるか悩むところになります
 

9位 ドラパルト


第8世代の600族
とにかく速くて強いポケモンで、600族あるあるなのが、防御ペラペラってわけでもない事
中途半端な火力じゃ倒しきれない事が地味にあるというw
特性のクリアボディ、すりぬけ、のろわれボディ、どれも優秀
必ず2発当てる専用技のドラゴンアロー、ダイホロウで防御ダウンを狙ったりとアタッカーとしても優秀
素早さを利用して初手で壁張り、おにびを行う事も出来るので、型が複数あるのも特徴
初手かそれ以外かでなんとなく予想して対応するが、それも覆すときがあるので、対策が非常に難しいポケモンでもあります
 

10位 ウオノラゴン


数値の暴力
特性がんじょうあごで、あごやきばを使う攻撃が1.5倍
技のエラがみは先制で2倍+タイプ一致補正で1.5倍
足りない素早さをこだわりスカーフで補う事により、ほとんどのポケモンの上から攻撃可能になり、道具なしだと最速ドラパルド以上の素早さがないと上から攻撃出来ません
水技に耐性がないと受ける事が出来ず、あっても2発で落ちる事が多いです
初手で対面したらとりあえず一匹はやられる覚悟必須ですね
 
 

この中から今回選択したポケモン

とりあえず、この中から4匹選んでみました
 
最強のサンダー
ずっと気になってたランドロス
ランドロスの相棒でカプ・レヒレ
私のパーティに強いウーラオス(いちげき)
 
バランスと対策に困ってたポケモンを中心に選びました
本当が10位以内は全部用意するのが理想なんですが、いきなりは無理っす
いや、帰宅して2時間ほどで用意出来たのは逆にすごいよw
多少個体値で妥協した子もいるけど、ほとんど理想個体値、性格、努力値降ってるからね
 
余裕が出来たら、エースバーン、ポリゴン2、ウーラオス(れんげき)も作ってみますが、エースバーンは必ず作ろうw
 
とりあえずシーズン18(5月)はこの4匹を新たに使ってみて、弱点を学んでみます
土日の試運転はまぁ上々って感じですが、なんとなく見えてきた部分もあります
一周回って今一番楽しんでるかもねw
 
最後に一言
こういうパーティは絶対に使わないって思ってたのにwww
アデュー